2011年03月31日

やってます。

ぐだぐだと生活リズムがひどいです。

主宰です。

どうにかこうにか台本がまとまり、
稽古がスタートしております。

でも、毎日は大変なので
1日おきとかでゆるっと稽古してます。

毎日本気で向き合うには
ちょっと精神力足りないので。

二日間をすべて文章にして
思った事とか
家の事とか
全部書き出して

役者に託して

実際に目の前で読んでもらって

役者と話しながら
ちょっとずつ修正して

たぶんそんなことの繰り返しで
脚本はできていくんだろうな

とか、思いながらやってます。

脚本としては
とりあえず私の手を離れて

稽古でおこることは
もう私のものではなくて

その場のみんなのもの
みたいなことになってて

稲田桂個人としては
吐き出した感じで
ちょこっと楽になりまして

でもnargilessの稲田としては
やっかいな作品と
どう向き合うか

と、頭を悩ませる日々は続く訳で。

長くなりそうだから
ここでやめよ。

やーめた!!


桂。

posted by ナルギレス at 23:37| Comment(0) | ♮ 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

スッキリのちの再びモヤモヤ

テアトロでの作品上演に関してプロデューサーとバタバタしていました。

彼女とは友人であり、話をする上で
プロデューサーに彼女なのか
友人としての彼女なのか

私も
主宰としての私なのか
友人としての私なのか

お互いが震災に対してモヤモヤを抱えていて
でも、目の前に公演はせまっていて
何にすれ違っているのか
何を大事にしたいのか
何を言いたいのか

電話をし
会って話をし
さらに会って話をし

きちんと作って行こう

と、上演に踏み切る事にしました。

と、上演をするかしないかのモヤモヤはスッキリしたので

あとは作品に向き合うのみです。

時間を戻してあの2日間に。
戻したくない2日間に。
モヤモヤを向き合う為に。

あの2日間を見つめ直します。

このまま蓋をして、
どっかにかくして
見ないように、
見ないように。

でも、
それはいつ吹き出すかわからない
腐って
ドロドロになって
もっと酷いものになるかもしれない。

だから、あの2日間にもどります。


札幌に戻ってから
今日まで
少しずつ復興へむかったり
原発関連はまだまだ不安だったり
状況がわかるにつれ、数字はどんどん大きくなったり
テレビでみた避難所の小学生に勇気づけられたり

戻って来てからの10日間も
さらなるモヤモヤが積み重なってます。
でも、そこは置いといて。

あの2日間の恐怖と衝動の風化する前に。

モヤモヤに飛び込みます。
posted by ナルギレス at 18:10| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

お知らせ

テアトロ・リストランテでの上演作品に関しまして、
現在プロデューサーと調整中でございます。
決まり次第、改めてこちらのブログでご報告いたしますので、もう少々お待ちください。

お客様を始め、他の参加団体さま、スタッフさまに
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
納得のいく形で作品を創り上げていけるよう、時間をください。


nargiless 主宰
稲田 桂
posted by ナルギレス at 00:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

情勢下での公演について

東北関東大震災を受け、
首都圏では公演の中止や延期、公演の続行を行うなど

劇場の場所や設備・安全面での考え
劇場・主催者の考え

で、公演を行うか否かの判断が行われています。

札幌の小劇場では予定通り公演を行っている団体が多く
私も、観に行ったり、仕込みに行ったり、自分の作品を作ったりしています。

でも、いつもどおりではないです。
仕込み中も隙をついては、NHKのニュースの前に集まります。
いつも以上に明るく振る舞います。
被災地そっちのけで楽しく作品と向き合ってるわけではないのです。

ニュースと向き合い続けると、
どうしても気分が塞ぎます。
だから私はお芝居を観に行きます。
元気をもらいます。
元気をあげたいと、公演を行っているのです。

こんなときだからこそ、
いつも通り公演が行われていること
それが支えになるかもしれません。

うまく言葉にできませんが、そんな思いで私は今週も劇場に足を運びます。
簡単に不謹慎だと片付けてほしくないのです。


それから、家からでかけること。

札幌の小劇場の演劇にチケット代金を通しての経済効果はほとんどありません。

でも、家から出れば
交通機関をつかいます
買い物もするでしょう
スタバでコーヒーを買うかもしれません
コンビニでお菓子を買うかもしれません
ついでに外でご飯を食べるかもしれません

それは少しでも経済活動につながります。
消費税はちょこっとでも税収になります。

経済が滞ったら、
日本が元気がなくなったら、
復興支援が遅れるかもしれません

うまくまとまらないのですが
そんな気持ちで
私は札幌の小劇場に足を運んでいます。
こんな情勢下でも足を運んでいます。

桂。
posted by ナルギレス at 15:37| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

テアトロリストランテについて

4月に参加するテアトロリストランテについてご報告があります。

一つめ
東北関東大震災を受けて、
本公演のチケット収益の一部
当日会場で販売する物販の収益(予定)
を日本赤十字もしくは北海道新聞を通じて募金することが決定しました。

二つめ
また、nargiless 稲田 桂 個人といたしまして
すでに劇場やお店等でお配りいたしていますフライヤーに掲載しております上演内容を変更いたします。


私事ですが、
地震の発生時に埼玉の実家におり、震度5強の揺れにあいました。
(既に札幌に戻っております。)
また、仙台・福島には祖父母をはじめ親戚がおります。
内陸に住んでおり、翌日無事の確認がとれました。


今、自分に出来る事は日々の生活をきちんとすること。
nargilessとしてできることは作品をつくること。

しかし、今の私の心境では当初予定していた作品をつくることができません。
こんな時だからこそ、楽しい作品を作るべきかもしれません。
でも、仙台は私にとって身近な存在であり色々な思いが渦巻いています。

この渦巻いている思いを作品にぶつけたい。
行き場のないこのモヤモヤを解消したい。

毎回毎回自分勝手な作品作りで大変申し訳ないです。
きちんとした作品になるか、どんな作品になるかまったく未知数です。

でも、私なりのやり方で作品を通して向き合っていきたいと考えています。

当初の上演予定の作品を楽しみにしていてくださった方、本当に申し訳ありません。
当日劇場で多くの方と作品を通じて時間・空間を共有できることを楽しみにしております。

最後になりましたが、
被災した方々へ安全と安心がはやく訪れますよう、
救援活動している方々の活躍と安全を、
亡くなった方のご冥福を、
お祈りいたします。

nargiless 主宰 稲田 桂

posted by ナルギレス at 13:59| Comment(0) | ♮ 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。